« 人楽交感まつり(3) | トップページ | 全然ニテナイ »

2006年8月23日 (水)

トラベルミン

_12 報告するのが遅くなってしまいましたが、
先日、会社をお休みして
脳のMRIをとってきました。

以前、腕のMRIは撮ったことはあるんだけど脳みそは初めて。
そりゃぁ、この若さで普通はないだろうねぇ。

かなりドキドキしながらガウンに着替え、
耳栓を付けてもらって診察台に横たわりました。
「少しうるさいけどがまんしてくださいね」
「頭を動かさないようにしてくださいね」
そういう注意事項は耳栓を付ける前に言ってほしいね。
私ですら かすかにしか聞こえない。
お年寄りなら 全然聞こえないと思うね。

診察台に横たわったままドームの中にスライドされてロックオン!!
とたんにものすごい機械音。
グオン、グオン、カチッ、カチッ、パツン、パツン。
あぁ、ホントだ、うるさい…
だけどこうやって共鳴させて断面写真を撮ってんだな。
今どのヘン撮ってんのかなぁ。小脳? 大脳?
一枚一枚チェックしながら撮ってるのかなぁ。
そんなことを考えてたらいつの間にか寝ていた。
すごいね、あんなにうるさい中で ちぃは寝てました。
自分が小脳梗塞かもしれんというのにノンキなもんですわ。

「はい、お疲れさま」
先生に声をかけられて眼が覚めた。
あぁ、ほんまに熟睡しとったわ。
それはいいとして、結果はどうなんだろう?
さっきまで爆睡してたクセに緊張の面持ちで診察室へ向かった。

MRIの撮影は終わって診察してもらうまで
1時間近く待たされた。
フィルムを現像して、結果を解析したりしてんだろうね。
待ってる間はさすがにブルーだったよ。
もし脳腫瘍とかあったりして即入院になったら…
もし脳梗塞があって手術してもマヒが残るといわれたら…
そうなると もうバイクに乗れないのか?
D様は私のことを見捨てないだろうか?
いっそのこと離婚してあげたほうがいいのかな?
悪いことばっかり考えちゃうね。きりがないよ。
とにかく結果を聞かなきゃ話になんない。

「どうぞ、お入りください」
あぁ、神さま、ちぃ はまだ34歳です。
体が不自由になるには若すぎます、助けてください。
微妙に震えながら診察室へ入りました。

「はい、結果が出ましたよ…特に異常はありませんね。」

ひゅーぅぅぅぅ。えがったぁぁ。神さま ありがとう。
脳に腫瘍も何もなく、血管がつまってるような箇所もないって。
きれいな形をしてますよ、だってサ。
「強いて言えば、軽い ちくのう症です。
でも治療の必要はなさそうだね。」
はぁ、そうでやんすか―
じゃぁ、このフラフラの原因は何ぞや?
結局のところ、原因不明。
「ストレスや疲労からくるものでしょう」で片付けられた。
「気にせず、普段どおりの日常生活をおくってください」

ちょっと拍子抜けだけど、とりあえずは 良かった、ヨカッタ。
命にかかわる心配はなくなり、一安心だね。
「一応、めまいのお薬を出しときますね」
と言われて出された薬の処方箋を見てみると
「トラベルミン ― 乗り物酔いにも利きます」
だって。何だかほんまに拍子抜け。
いろんな人に弱音を吐いて心配かけてた自分が
逆に痛々しいです。

みなさん、心配かけてすみませんでした。
ちぃの脳みそは元気です。
まだ少しフラフラしますけど
酔い止め薬を飲んで回復中です。

デコピース☆
_13_1

|

« 人楽交感まつり(3) | トップページ | 全然ニテナイ »