« D様の朝は牛乳で始まります | トップページ | こっちがドキドキだよ »

2007年4月24日 (火)

マングローブとサイトーアンダギー

84実はこっそり沖縄に行ってきました。
今回はマリンレジャーではなく、自然と文化を楽しみに行ったのサ。
3泊4日、サラッと流す程度の旅だったけど楽しかったサァ。

一番の目的は マングローブのエコツアー。
マングローブの群生は西表島が有名なんだけど、【やんばる】と呼ばれる本島北部の慶佐次川に群生するマングローブも国の天然記念物に指定されてます。ここは本島で最大規模の群生地で亜熱帯の植物や生物達がたくさん暮らしてるんだよ。
満潮時にはカヌーで漕ぎ入り、マングローブを観察できるんだけど、ウチらが行った時は干潮で上ることができず、シーカヤックで遊んだ後、トレッキングで観察することに。
ツアーガイドは斉藤さんっていう人。
生まれも育ちも東村慶佐次なのに【斉藤さん】。
ぜんぜん沖縄チックな名前じゃないのが笑えるでしょ。でも斉藤さんの楽しいおしゃべりを聞きながらのエコツーリングは最高じゃったよ。
マングローブって、木の名前だと思ってる人が多いでしょう?
実はそうじゃなくって海水と淡水が混ざりあう河口に生える植物の種類のことを言うんだって。ここのマングローブは3種類のヒルギが群生してるんだって。
それからマングローブって細ながーい種が地面に刺さって繁殖するって知ってた?
あれって、なかなかうまく刺さらないらしいの。たくさん種をつけて落としても大半は刺さらずに潮に流されちゃうんだって。じゃから、あんなに広いマングローブ林になるには大きな時間がかかってるんだね、きっと。
そんな話をサーターアンダギーみたいな斉藤さんから聞きながら青い空の下に広がる緑のマングローブ林を眺めてると、ちぃもD様も無言になってました。

自然ってスゴイなぁ…
ゆっくりゆっくり歩いてんだなぁ。
俺らって ちっちぇーよなぁ。
チマチマしたこと悩んでも仕方ないよなぁ。

目の前に広がるマングローブのけな気な営みを想像するとそういう気持ちになるわよね。
驚くほどのポジディブモードにスイッチされたわ(いつまでもつか…)。
ありがとう、沖縄のやんばる。

ツアーから戻った後は木陰のベンチでアツアツの揚げたてサーターアンダギーを食べながら、海で拾った貝殻でネックレスを斉藤さんと一緒に作ったんよ。
サイトーアンダギーはやんばるの生き物や海のお話だけでなく、沖縄の文化や風習もたくさんお話してくれたよ。東村の期待の星、プロゴルファー宮里家の話もね。彼はおしゃべりがとっても上手ですぐすぐ時間がたっちゃった。
お別れの時には自慢の三線で沖縄民謡を歌ってくれました。
歌の意味はよくわかんなかったんだけど、なんだか切なく思える雰囲気で、これでお別れかと思うとちょっぴりさみしかったな。
ちぃが子供みたいにさびしい顔をしてたのか、サイトーアンダギーは もう一曲、オリオンビールのCMの唄を歌ってくれました。

ほんまに楽しい時間でした。
何年ぶりかに感じたホンモノの爽快感!
胸の中のどんよりした空気をきれいにきれいにしてくれました!!
海と空とマングローブと斉藤さん。
ありがとう、ありがとう、感謝してます。
また行くよー。

今回もアルバムを作りました。よかったら見てってね。
http://chee3cute.cocolog-nifty.com/photos/okinawa/index.html

|

« D様の朝は牛乳で始まります | トップページ | こっちがドキドキだよ »