« 兄弟っていいね | トップページ | 恵みの雨ですけど… »

2007年5月23日 (水)

思い出しただけでも…ップ…

1_3行ってきました、中国飯店。
「大騒ぎっ、大騒ぎっ!!」で有名な中国飯店。
かなりのボリュームがあると噂で聞いてたけど、それは本当だったよ。店に入ってすぐ、他の客が何を食べてるかチェック!!
数名のオジサマ達がワンプレートランチなるものを食してました。
皿に盛られたおかずはてんこ盛り、飯はまるでラグビーボールのようにでかい…
彼らは鼻の穴を大きくふくらまし、肩で息をしながら黙々と料理を口に運んでいた。
「う、ウチ、食べれんわ…チャーハン単品にしよう。」
メニューに目を移すと、チャーハンもいろいろあった。
海老、カニ、鶏、カレーチャーハン、それからハムチャーハンなんてものもあった。
785円のカニチャーハン以外は680円。
この値段なら驚くようなボリュームではなさそうだ。
さらにメニューの下のほうに目をやると
「飯、麺類のSサイズは100円引き」と書いてある。
おぉ、これはいい!!
休日のランチは軽めが良いと病院の先生も言っていた。
で、私は海老チャーハンSサイズ,
D様はラーメンと半餃子のセットを注文。
5分後、さすが中華!!と言わんばかりに手際よく料理が出された。
「はい、海老チャーハンSサイズね」
…どう見てもSサイズではない。ファミレスだったら大盛の域だ。
何かの間違いか?でも確かに「Sサイズ」っていってたよなぁ。
「ハイ、ラーメンと半餃子ね」
D様のラーメンは普通サイズだった。しかし、餃子がぶちデカイ。
餃子の数は4個で通常のより確かに「半」ではあったが、大きさが2倍くらいある。
一口で食べれない餃子なんて初めて遭遇したような気がするなぁ。
そうは言っても食べれない量でもない。2人でワケっこしながら食べたら(6割がたはD様担当)クリアできそうだ。
嫌な汗をかきながら家庭的な中華味を楽しんでいると、
お店のおばちゃんが
「お兄ちゃん、これ食べんさい」
ラーメン半餃子セットでは育ち盛り(?)のD様は腹いっぱいにならんだろうと気を遣ってくれたのか、茶碗一杯の白飯をサービスしてくれた。
「あ、ありがとうございます」
D様の目が潤んでいた。これは喜びや感動のものではない。
不安と憎しみでいっぱいの表情だ。
本来、中国ではご飯やおかずを残さず平らげるのは振舞ってくれた人に対して失礼に当たるという。
だけどここはJAPAN。箸をつけたものは平らげるっ!!
D様、日本男児の意地を見せてやれっ!!(←他人事になってる)

どうにか完食して店を後にしました。
私達、この中国飯店が嫌いになったわけではありません。
安くて美味しいのでお気に入りのお店です。
ただ、当分の間はチャーハンを見たくないだけです。
みなさんがあのお店に行かれるときは、かなりお腹をすかせて行くことをおススメします。

|

« 兄弟っていいね | トップページ | 恵みの雨ですけど… »