« ヤケ食い | トップページ | 今年はコレが最初で最後 »

2007年10月 2日 (火)

カエルの子はカエル

Cimg3490
先日の日曜日、南極観測艦「しらせ」が呉に来た。
南極観測船といえば、昭和基地。
昭和基地といえば「南極物語」の太郎と次郎を思い出すよね。

私  「しらせ」って太郎と次郎の時の船よね。
D様 えぇ?ちがうじゃろう?あれって、もう何十年も前の話だろ。
私  そうよ。でもね、船って驚くくらい何十年も走れるんよ。
D様 うそつけぇー。そがいに動けるかよ。
ママ あら、最低でも30年は走れるわいね。
    Dさん、素人さんじゃね。

昔、造船会社の設計部にいたママにそう言われたら信じるしかない。

へぇー、そうなんか。
D様は半信半疑のまま、「しらせ」を見に行きました。

はじめて近くで見る観測艇はぶちデカかった!!
テレビや写真で氷の中にポツンとおる映像でしか見たことなかったから、あんなにデカイとは思わなかった。
外装はもちろん、船内も予想以上に清潔キレイ。
男ばかりのむさ苦しい空間を想像してたんだけど以外にもシンプルでコザッパリしてんだわ。
いろいろ回った後、大人気の操舵室でチビッ子並みに はしゃいでパンフレットをもらって帰りました。

帰りの車の中でパンフレットを見てみると…
南極観測船/砕氷艦「しらせ」
基準排水量:11,600t
全長:134m、幅:28.0m
速力:19ノット
装備等:ヘリコプター3機搭載
定員:170名、就航:1982年

就航1982年?つい最近じゃん(と言っても25年経ってますけど)。
そして、【三代目 観測船「しらせ」 】 の文字が。
なにぃ~?三代目ぇ~?
さらによーくパンフレットを読んでみると
初代「宗谷」(1956~1962)、二代目「ふじ」(1965~1983)に続く
三代目の南極観測船と書いてありました。

あ、太郎と次郎はそういえば「宗谷」だったね。
そうや、そうや、 ハハハハハ…。
スベり気味のギャグを飛ばしたとたん、冷たい視線を感じました。

ほれ見てみろーっ!! 全然違うじゃないカーッ!!
太郎と次郎の話は50年くらい前の話だろーっ?
しかも「宗谷」と「しらせ」の間にもう一隻おるじゃないかーっ!!
あんたら親子していい加減なことを言いなさんなやーっ!!

素人さん呼ばわりされたD様は、ちょっとご立腹のようです。
その後、当分の間【うそつき親子】と言われるハメになりました(笑)

ごめん、ごめん、ちょっといい加減なことを言いましたね。
反省してます、以後 気を付けます。
それから、D様が変な人の口車に乗せられないことを祈ります。
Cimg3496

|

« ヤケ食い | トップページ | 今年はコレが最初で最後 »