« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

ママの還暦祝い(後編)

Gaikan1「あったよ、
仲居さんがシャンパンと一緒に持ってきてくれたよ。
ありがとう、お手紙 とても嬉しかったわ」

ここにたどり着くまでにあれだけイライラさせられたのに
この言葉を聞くとなぜか いらだちや不愉快な気持ちはスーッと消えてった。
それは やはり親子だからなのか、
それとも そのひと言で自分の計画が間違っていなかったという
自己満足からくる安堵感なのか。
そこらへんはあまり追求しないことにして
ママが私からのメッセージも とても喜んでいるということを私も素直に喜んでおこうか…
人生60年目にして、自分の歩んできた人生は間違ってなかった、
娘を産んでよかった、 と思ってくれたことだろう。(かなり勝手な想像だ)

私は物心ついた頃からしかママのことを知らないわけだど、
私が生まれる前にもいろんなことがたくさんあったんだろうな。
嬉しいことも、悲しいことも、楽しいことも、つらいことも…
日々の暮らしの中では ほとんどの人が
うれしいことよりもつらいことのほうが多いだろう。
だからこそ、人から優しくされたり、ほめられたり、
ハプニングから生まれる小さなラッキーまでもが幸せだと感じられるんだと思う。
なんだかまた恩着せがましい話になってきたけど、
少し大人になってママの姿を見ていると素直にそう思えるんだな。
何かの拍子に過去を振り返ったり、今の自分を客観的に見れた時、
「私の人生、こんなもんかな?」
って思えたら、充分に幸せなんだろうね。
ありがとう、ママ。
ママの娘に生まれてこれて、私もうれしいよ。

話はもどって―

それにしてもさすが名の知れた高級旅館だ。
メッセージカードを部屋のテーブルの上にでも置いてください、と頼んだだけなのに、
還暦祝いということでシャンパンをサービスしてくださったスタッフの小粋なもてなしに
とても驚き、感激した。
2人が帰宅してたくさんの浮かれた土産話を聞いて、
シャンパンの追加料金はなかったことを確認した後、すぐに私はお礼の手紙を書いた。
ワケのわからない喜びと感動で言葉を選ぶ余裕はなく、
ただ感謝の気持ちを綴っただけの文章になってしまったが そのまま投函した。
すると数日後、返事が来た。
もちろんスタッフの直筆、筆書きだ。

「この度はご利用、ありがとうございます。
お父様も、お母様もたいへんお喜びのご様子で、私共もうれしく思います。
次回はぜひ、みなさまでお寄りくださいませ…」

上質の和紙に書かれた文面から、スタッフの優しく微笑んでる顔が見えてきそうだ。
これが本当の「極上のもてなし」というものなのだろうか。
部屋が広くてきれい、高級食材を使った料理、清潔でくつろげる風呂…
そんなのは取ってつけることができるサービスであるが
スタッフによる心づかいや粋なはからい、アイデアなどは
昨日や今日で身に付けたもので提供できるものではないだろう。

Photo一泊ひとり数万円、
二人で泊まったらウチの家賃ほどの値段がするが
それだけの価値は十二分にあるのかもしれない。
盆や正月、ゴールデンウィークのハイシーズンのリゾートホテルや大型旅館なんかでも数万払わなくちゃ泊まれないことを考えると、オフシーズンの平日に少し高級な旅館に泊まる方がかしこい選択だろう。
とはいえ、庶民は何か特別な記念日やお祝い事でもないと行けそうにないのだけどね。
もう少し歳を取って、落ち着きのあるいい夫婦になれたら
自分達のごほうびに 一度泊まりに行ってみようと思う。
十数年後の贅沢な一夜を夢見て、
今日もせっせと晩ご飯の支度をする私なのであった。

特別な日の思い出に みなさんも、一度ぜひ。

庭園の宿 石亭
http://www.bekkoame.ne.jp/i/an_an/index.html

<最後に>
3日間にも渡って長々とヘタクソな文章を書いてしまいましたが
ここまで読んでくださってありがとうございました。
これからも面白いネタがあれば書いていこうと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

|

2007年11月29日 (木)

ママの還暦祝い(中編)

071005_1720宿泊当日の夕方、
浮かれぽんちのママからメールが入った。
文章ナシの添付ファイルのみ。
旅館のきれいなお庭の写真が送られてきた。
が…かなり はしゃいでいたのか、老眼が進んだのか、
3秒見つめたら 気分が悪くなりそうなレベルのピンボケ。
最近の携帯電話のカメラでここまでピンボケに撮るほうが難しいというくらいひどい。

でもまぁ、よい。今日は文句を言ってやるまい。
今日ぐらいは思う存分パパと2人で美味いもん食って、飲んでくつろいでもらいたいもんだ。
そう思いながら、私もゆるりとした金曜の夜を過ごしていた。
(実はこの日、D様は会社の飲み会でご不在だったのサ♪)
缶ビールを3本あけた頃に電話がかかった。
ははぁん、感激の嵐が落ち着いた頃にお礼の電話というわけだな。

「もしもし?楽しんでる?」 と、私。
「やぁ!! ちぃー!! サイコーでぇ~」

電話の向こうはママではなく、スーパーハイテンションのパパだった。

「ブチ美味い料理がどんどん出てきて、このワシでも食い切れんかと思うくらいよ。
お腹いっぱい、パンパンじゃわい。いやぁー、ちぃにも食べさせてやりたいね」

そんなこと言っているが、パパのことだからペロッと平らげているはずだ。

「それより、ワシが感激したのは…」

おぉ、いきなり来るかぁ?
とりあえず真打登場の前に先発でお礼を言ってくれるんだね。
例のメッセージでパパも一緒に感激して涙が出たんかなぁ?

「お風呂上りは当たり前でのぉ、
廊下やラウンジ、旅館のいたる所に酒やビールが置いてあるんよ。
ワインもあったし、おしるこまであったでぇ。
わし、サイコーにうれしい♪ ええ旅館に泊まらせてくれてありがとう」

…はぁ…パパはそこに感激したんか…
まぁ よい、まぁ よい。幸せそうな声を聞いたらこっちもうれしいよ…(涙)←喜び

「パパ、よかったね。もういいから、ママに代わってくれる?」

やはり今日の主役はママなのだから、本人さんの感想を聞かなくっちゃ。
ママならすぐにメッセージカードに気付いて感激したことを言ってくれるはずだ。

「もしもし、ちぃちゃん?
今日はホントにありがとうございます。予想以上にステキな旅館よ」

うん、うん、それでそれで?

「今日は満室のはずなのに宿の中を歩いてても誰にも会わんのよ。
お風呂でも誰とも一緒にならんしね。ほんま、心も体もゆっくりさせてもらっとるよ」

ふーん、それは良かったね。どうぞゆっくりしてください。
そりゃぁええけん、はよう 例のメッセージのことを言えよぉ…

「あ、そうそう。感激したことがひとつあるんよ」

よしっ!! きたっ!!
ここでやっと暖かい親子の思い出ができる!!

「お風呂上りにね、お部屋でゆっくりしてたら 仲居さんが来てね、
『こちらをどうぞ』ってシャンパンを持ってきてくれたのよ♪」

え?? シャンパン??

「よく冷えてて 美味しかったわぁ」

5秒くらい言葉が出なかった。
もしかして、この人たち私の愛のメッセージを見てないのか?
それとも生まれて初めて泊まった高級旅館に有頂天になりすぎて私のメッセージカードのサプライズなんてすぐにヤツらの手厚いサービスに上書きされたというのか?

娘からの愛のメッセージより、金で手に入る極上サービスの方がいいというのか!!
くっそぉー。小市民め…(涙)←悲しみ
この悲しみを何かに例えて言うとしたら、崖から突き落とされたライオンの子のようとでも言っておこうか。(ちょっと違うかな…)

しかし、私は人間の子。しかも3★歳。
30年以上も人間をやってると厚かましくて、恩着せがましくもなってくる。
向こうから言ってこないのなら、こっちから聞いてやるサ。

「ねぇ、ねぇ、メッセージカードとか 置いてなかった?」

素直に聞けばいいのに ちょっとひねくれた言いかたになってしまった。
するとママ、

「あったよ、仲居さんがシャンパンと一緒に持ってきてくれたよ。
ありがとう、お手紙 とても嬉しかったわ」

なんだよ、見てんじゃん。
…え?シャンパンと一緒に??

(つづく)

|

2007年11月28日 (水)

ママの還暦祝い(前編)


まずはじめに、嫌な顔ひとつ見せず、快く私のママの還暦祝いの計画に賛同してくださったD様に心から感謝いたします。

Room113ママの還暦祝いに、
県内のとある旅館へパパとママを招待した。
ずいぶん前にママが
「いつか泊まってみたい、
死ぬまでに一度は行ってみたい」
と言うもんだから、大奮発して2人を招待することにしたのだ。

私は人を驚かすのが好きだ。
もちろん、ハッピーサプライズのみ。
今回も何かひとつ、サプライズをしてやろうと考えて思いついたのは…メッセージカード。

私の想定はこうだ。
昼過ぎに宿に着いたパパとママ。
受付を済ませて仲居さんに中庭を見せてもらいながら今夜泊まる部屋に案内される。
その部屋でお茶とお菓子をいただきながら、
仲居さんから館内の説明や夕食の案内を受ける。
その時、テーブルの上の小さな封筒を見つけるのだ。
「お母さんへ」
何かしら?ママはすぐに開けてみるだろう。
中には還暦を迎えたママへの感謝の気持ちと、
パパと末永く仲良く元気でいて欲しいという内容が簡単な文章で綴られている。
何度も何度も練習して書いたような筆ペンの字。ひとり娘から愛のメッセージ。
こりゃー、絶対ママは感涙だわ。

頭の中でシナリオができたらすぐに行動するのが私のいいところ。
オシャレな旅館に合うように和紙のカードと封筒を用意して、
ママへの感謝の気持ちを書いた。
ただでさえ照れくさいのに、ここぞとばかりに優しく、温かい言葉を使って30代の女性らしく仕上げてみた。

さて、コレをどうやってママたちが泊まる部屋にセットするか…
直接 宿に持っていけばよいのだが、それは無理。
だってこのサプライズを思い付いたのが日曜日。
ママ達は次の金曜日に宿泊する。
それにウチからその宿まで車で1時間半くらいかかる。
会社休んでまで宿にもって行くほどギョウギョウしいものでもないし。

そこで旅館のスタッフ宛にお手紙つきで郵送することにした。
相手は高級旅館のフロントさんなので、失礼のないように、
頭の悪い貧民と思われないように、辞書を引きながら書いた。
同封の小さなカードを部屋に入ったパパとママが目に付くとこに置いてほしいこと、
そのカードには還暦を迎えたママへの「ありがとうメッセージ」が書かれてあること、
そして2人ともとても楽しみにしているのでどうぞよろしくお願いします、
ということを乏しい知恵をしぼって丁寧な文章に仕上げ、
ベタベタに糊付けして すぐに投函した。

(つづく)

|

2007年11月23日 (金)

玉子酒を飲んだことがありません

勤労感謝の日なのにウチの会社は出勤日。
イヤイヤ出勤して、めずらしくマジメに作業をしてたら
ぞぞぞぉぉぉーっっと寒気がした。
あ、やばい…
鼻がツーンとして、肩と首がゴリゴリいいだした。
嫌な予感がする。
今夜はアレで温まって早く寝よう。
00001916

|

2007年11月22日 (木)

なんでも記念日

450200708160002241296今日は11月22日。
「いい夫婦の日」だってさ。
D様は今日がそんな日だなんて知りもしないだろな。
今日は定時日で早く帰ってくるって言ってたけど
サプライズのスウィーツやワインなんてないんだろうな。
今からメールしておねだりしても
「ふーん」
で終わりだろうな。
やっぱり私が買って帰ろっか…

|

2007年11月21日 (水)

お金じゃないよ気持ちだよ

Cimg3719_3
この前の日曜日に「えべっさん」に行ってきました。
たまたま買い物に出かけたら、妙に人が多くて…
中央通りは人と屋台とくま手で大にぎわい。
お祭り好きな私は徐々にハイテンションになっていきました。
どうも頭の中で お祭り→人が集まる→食べ物たくさん→お酒 になっちゃうようです。

山口出身のD様は広島の「えべっさん」は初めてらしく、
ずらりと並んだ露店の”くま手”に興味津々。
「お金をかき集める」と言って縁起のよい”くま手”を買い、
胡子神社でこまざらえのご祈祷をして木札を付けてもらうのです。
せっかく来たのだから、ウチのママのお店のくま手を買ってあげようと思ったんだけど、
一番小さいものでも3000円。
ブチたかーいっ!!
少し大きくて見栄えがいいものなんて7000円くらいするんじゃわ。
D様と目を合わせながら
「小さいのでいいよね、こういうのは気持ちの問題だからね」
どういう意味で気持ちの問題なんだろうか?
ママにお土産で買って帰ってあげるのだから小さいものでも喜んでくれるだろう、という意味なのか、それとも大きい物も小さい物も願いは同じで サイズは関係ない、ということかぁ?
そう言えば聞こえはいいが、神頼みをするのにケチケチするなという意見もあるかも。
いずれにせよ、金ケツ気味な私達は一番小さいのを買ってご祈祷してもらいました。
ちなみにこのご祈祷にも銭がいるんだゼ。(ケチな人が言うせりふだわ…)
Cimg3724_2Cimg3722_4







だけど今日は商売繁盛の神サマということで、お賽銭は100円と大奮発した私。
金は天下の廻り物―
神サマ、どうぞ私たちのところにもめぐって来ますようにお願いしますっ!!

|

2007年11月19日 (月)

ポカポカツーリング

071117_141201_3071117_145701_2

この土曜日は驚くほど暖かかったので久々にバイクでお出かけしましたわ。
前日の飲み会でガブガブ飲みすぎて軽い二日酔い&
一ヶ月以上もエンジンをかけてないからセローちゃんがスネてしまった、という二つの悪条件が重なって、出発できたのは12時スギ…。
なので、一時間ちょっとで行ける県央の森に紅葉がりに行ってきました。
ここはめったに人が来ない、超穴場スポット。
ゆっくり森林浴したい方にはおススメの森です。

|

2007年11月17日 (土)

ついに!!

ついに!!
あこがれのマイホーム
日当たり良好、見晴らし最高、静かな郊外の丘にある、平屋の一軒屋です。

|

2007年11月16日 (金)

準備OK

準備OK
本日、ワタクシ、少々ウカレております。
だって今日は飲み会なんだもん。
久しぶりなんだよ、会社の飲み会。
ここ数回は用事があったりとか体調不良とかで参加できてなかったのです。
今日はウチの課の歓送迎会です。
主賓をそっちのけにしちゃわないよう、気をつけて飲んできます
本日の「和み水」はイオンウォーターで決まりです☆

|

2007年11月13日 (火)

いただきもの

Photo友達からパソコンデスクをもらった。
ちょうど欲しかったんだ。
今までは和室においてたから座卓だったんだ。
それってパソコン用のテーブルじゃないから高さがあってなくて長く座ってやるには辛いものがあったのサ。
友達が処分するのに困ってるって言うので
もらっちゃいました!!
サッパリ片付いていい感じ。
コレで執筆活動も はかどるわ♪

|

2007年11月 7日 (水)

こんな私じゃなかったのに

Cimg3704ブーツが届いた。
クラークスのオリボーンっていうブーツ。
バースデープレゼントに買ってもらったのだ!!

ホントはクラークスの現行モデルのデザートライダーっていうのが欲しかったんだけど、それって3万円ちかくもするんよ。
ネットで買っても27,000円くらい。
ちょっと、高いね。いくら誕生日でD様が「買っていいよ」って言ってくれても出納係が渋い顔をしてんだよね―。
独身時代なら迷わず買っちゃうんだけどなぁ。
ちなみに出納係は私です。

結局、インターネットで旧モデルのオリボーンを買うことにしたのです。
私が欲しいモデルのものより少しつつ丈が短いんだけど
色、デザインが少し古くさいんだけど
90年代後半のデニムスタイルが大好きの私にぴったり!!
値段も 販売価格 2万4150円が 1万6695円。
コレは買いでしょう!?
ニヤニヤしながらボタンをポチッと押して待つこと2日。
オリボーンちゃんがわが家にやってきました。
さっそく空けて履いてみた。
おぉっ!! ぴったり ジャストフィットぉぉ!!
すばらしい、なんて幸せなことなんだ。
マウスクリックひとつでこんなステキな出会いができるなんて!!
パソコンバンザイ、インターネットバンザイ!!

一通りの感激の嵐が去ったあと、一息入れて
手に入れたブーツをまじまじと眺めた。

…ん? なんだかへん?…

よーく見ると、薄くて小さなシミがある。
左右ブーツを並べてさらによーく見ると 明らかに右足だけ 履きじわが付いている。
コレってもしかして アウトレット?
それとも展示品の現品処分? 試着されまくり?
だけどネットショッピングのページにはそんなこと1つも書いてなかったよ。
サラッピンの新品が来ると思ってたんだけど
ちょっとくたびれた感じがするのは気のせいだろうか…
うぅ、どうしよう、Dさまぁ…

「少しでも疑いの念があるのなら返品するべきだ」
「いいや、そんなことはない、気のせいだ」
と 積極的な ちぃと 気の弱い、消極的な ちぃが頭ん中で言い争っています。
返品可能期間は一週間。
今夜ビールでも飲みながら悩んでみます。
↑この時点で もう気持ちが負けてるなぁ…

|

2007年11月 6日 (火)

文明の利器

11月3日は恒例の比婆山ハイキングに行ってきました。
先週、スカタン食らったので二回分、満喫してきました。
お天気にも恵まれてわたしもD様もゴキゲンです。
とても気持ちのよい汗をかかせて頂きましたよ。
だいたい11月3日は一年の中で
1,2位を争うくらい晴天率が高い日なのだ。
そう考えると やはり私は晴女です。

Cimg3656

今回の山歩きの中でオモシロかったこと。
来年の年賀状用に山で2人の写真を撮ろうと思ってたんだけど
山頂にて、オジィやオバァに
「すいませーん、シャッター押してもらえますかぁ?」
って頼むのが なんとなく面倒くさくなっちゃってね、
まぁ、いっかぁーって諦めかけてたんだけど
デジカメの機能で【カップリングショット】があるのを思い出したの。
それって、2人並んで撮らなくても二回シャッターを押すことで
あたかも2人並んで撮ったような写真ができる機能なのだ。
だけどその機能、使ったことないのでとりあえず私がD様で実験。
そしたらサァー、予想以上にうまく撮れて
ものすごい笑える一枚ができたのよ。
それがこれ。

ブチうけるぅぅぅーー!!!!!!!!!!
D様って双子ぉぉぉぉぉぉーっっっっっ!!!!!!!!
青い空、白い雲、丸い顔。
D様、またお太りになられた?
「ザ たっち」みたいじゃ~ん。
山頂で30半ばの夫婦が腹をかかえて ゲラゲラ大笑い。
日本はまだまだ平和です。

|

2007年11月 3日 (土)

お忘れでないかい?

お忘れでないかい?
本日、わたくし35歳になりやした。
ここまで大きく育ったのもみなさんのおかげです。
今日はみんなに感謝の日でございます。

|

2007年11月 2日 (金)

あたりまえのことが―

家族が病気になると自分もへこんじゃう。
今までのように冗談を言ってふざけ合ったり
美味しいご飯を一緒に食べれなくなるかもしれないって
思ったら、どんどんへこんじゃうよね。
今までのイジワルやワガママをとても反省する。
ごめんね、もっと素直に優しくしてあげるべきだった…

と、思ったのもちょっとの間だった。
ソファーにのけぞり返って新聞を読みながら
「バナナとってぇ」
と言われたら、やっぱりイジワルしてやろうかと思っちゃう。

だけど
これが幸せな風景なのかもしれないね。
Untitled22

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »