« 東京絵日記
~朝っぱらから~
| トップページ | 中村にて »

2008年4月26日 (土)

東京絵日記
~余裕のない私~

「クレジット会社に電話してすぐに止めてもらうしかないじゃろう」

当人がパニくればパニくるほどそばにいる人は冷静で居られるものなのだろう。
おねぇはこの非常事態の中でも半分笑いながらそう言った。

クレジット会社の電話番号を調べてすぐに電話した。
「あのぉ、カードを失くしてしまったので止めていただきたいんですが」
「では、お名前とご住所、電話番号をおっしゃってください」

相手は手馴れたもんだ。
こちらは生まれて初めての失態で自己嫌悪と緊張とで震えているというのに
電話の向こうの男は明るい口調で対応してくれる。
「えーっと、○○グループのクレジットカードでよろしいでしょうか」
あぁ、それだよ、それ。百貨店系列のカードだよ。
ポイントもけっこうたまってるんだよなぁ。
「ご安心ください、今のところ、不振な使用形跡はございませんよ」

はぁぁぁぁっっ~。 えがった…。
神サマありがとぉぉ。
真っ黒だった私のハートに明るい光が差し込んで来た。

ふぅーっと安堵のため息をついた。
まずはひと安心だ。悪用される心配はない。
この段階ですぐにポジティブモードに変わればよいのだが、
そうはいかないのが私の悪い所。

どこで落としたんじゃろうか?
なんで落としたんじゃろうか?
今まで一度も財布を落としたことも忘れたこともない私が
なんでこんな失敗をしでかしてしまったのだろうか。
生まれて初めて東京に来ていきなりコレかよぉ。
あぁ、情けない。私としたことが…
D様に言ったらバカにされて怒られるんじゃろうな。
なんてことを考えてたら、

「ちぃ、東京ほろ苦デビューじゃね」
と おねぇ。

暗い顔の私を笑わせようと、ちょっぴり面白おかしく言ってくれただけなの
余裕のない私は一瞬プイッとなって、

「ふんっ!! 東京なんかきらいじゃー!!」
なんて可愛くないことを言ってしまった。
荻窪で焼鳥を食っただけで、まだどこにも行ってないのにね。

「まぁ、まぁ、そういいなさんな」
と、おねぇがなぐさめてくれると思いきや、

「アンター、そりゃーないわ。
 東京はあんたに何もしとらんよ。あんたの不注意で落としたんでしょうが。
 東京のせいにしんさんなや」

大正解である。
カードを失くしたのは紛れもなく私の不注意なのだ。
仮にスラれたとしても、あんなパカパカのウエストポーチを身につけていた私が悪いのかもしれない。
誰が悪いわけでもない、自分が悪いのだ。
わかっているけど、何かのせいにしたくなるんよね。
だからあんなこと言っちゃった。
東京都民のみなさん、またまた ごめんなさい。

そうこうしてるうちに9時をまわってた。
「さ、気を取り直してまずは巣鴨じゃね」

おねぇのいいところは切替が早いとこ(時と場合によります)。
いつまでもグズグズしてたら置いて行かれちゃいます。
まだまだ塞ぎこんでいたい気分なんだけど
真っ青な空と また何か企んでいそうなおねぇの笑顔に
釣られて明るい気分でアパートを出ました。

|

« 東京絵日記
~朝っぱらから~
| トップページ | 中村にて »