« 東京絵日記
~往路~
| トップページ | まだ飲みたりん… »

2008年4月18日 (金)

東京絵日記
~最初の夜~

東京駅のホームで大好きなおねぇと再会。
「キャー!! ひさしぶりー!! 元気しとったん?」
「元気じゃけど 新幹線4時間はたいぎーわいねぇ」
大きな声の広島弁が飛び交う。
ここは東京。週末7時。新幹線のホームといえどもかなりの人がいるんだけど…

おねぇと再会して一気にボルテージが上がってしまった私は
駅構内でパシャパシャと写真を撮りまくった。
ジャイアンツのポスターに始まり、へんなネーミングの看板、
そしておねぇに頼んでおふざけポーズで撮っちゃったり。
2人とも微量のアルコールが入ってるもんだから、公共の場というのを忘れて はしゃいでたような気がする。
もし広島駅であんなにはしゃぎよったらジロジロ見られるか、
クスクス笑われるよ、絶対。
でもね、東京の人はウチらのこと白い目で見んのんよ。
「それがあなたのやり方なのね、お好きにどうぞ」って言われてるような気がした。
いいんだか悪いんだかわかんないけど
法を犯さなかったら何をやってもいい街なんだと思った。
あ、こりゃ言いすぎだな。東京都民よ、スマン。
Photo
さて、重いキャリーケースをゴロゴロと鳴らしながら
いきなりおねぇに連れて行かれたのは、荻窪駅。
「ちぃ、立ち飲みで一杯やって帰ろうや」
おねぇが上京してたちまちお気に入りの店となったという
荻窪駅すぐ横の「鳥もと」。
基本的に立ち飲みスタイルの焼鳥屋でいつもビジネスマンで賑わっているらしい。

「こういうとこは やっぱり瓶ビールよね」
目に付いた鶏串と煮物を頼んでまずは再会の乾杯。
あれやこれやとお互いの近況報告をしてる間に
次々と運ばれてくる焼鳥たち。もちろん炭火焼でアッツアツ。
意外と濃い味でこれまたビールがよく進むんだわ。
私の地元にもたくさんの焼鳥屋があるけれど
この東京スタイルの焼鳥の方が私好みかもしれん。
少々お値段が高いような気がしたけど(おごってもらっといてねぇ)
それなりにいい肉を使ってるようだし、立ち飲み屋にしてはかなりレベルが高い店だ。
_1
こういう店を見つけるなんてさすがだな。
おねぇはやっぱりそこらへんの のんベェとはちがう。
それにしてもおねぇと一緒に飲む酒はホントに美味しい。
酒とつまみのコーディネイトはもちろんのことだけど
何よりも会話がブチ楽しいんだ。
私よりずいぶん大人で知識人でスポーツ万能なんだけど
ぜんぜん鼻にかけてない人。明るくておもしろくていつもニヤニヤしとる。
そんなおねぇとだからマニアックでローカルな話で盛り上がるわけさ。
ここでもまた広島弁でおおしゃべり&大笑いでまわりのお客さんビックリしてたなぁ。

気付けば21時をまわってた。
「おじさーん、おあいそ!!」
往復の切符だけ買って東京に来いと言ったおねぇがさっそくおごってくれた。
「さっ、帰ろうや」

ありがとう、おねぇ。ホントに美味しい酒だったよ。
ちょっと飲み足りないから近くのコンビニで缶ビールでも買って帰ろうよ。
そこは私がおごるからさぁ。

おねぇのアパートまでの帰り道、自分のおんぼろ財布を出して開いてみた。
コツコツ貯めたお小遣いの数万円と カードが入っている。
ほろ酔い気分で上機嫌の私は何も気付かなかった…
_2_2

|

« 東京絵日記
~往路~
| トップページ | まだ飲みたりん… »