« 食べ過ぎました | トップページ | イチゴケーキとラガーマン »

2009年7月 2日 (木)

はぶてるな

炊飯器でベイクドチーズケーキにチャレンジしたんじゃけど…

お砂糖以外はレシピ通りでコネコネマゼマゼしてお釜に流し込んで
スイッチをピッ。

約30分後に炊き上がったので
竹串でさしてみたらドロドロで全然焼けてない。
そういう時はもう一度炊飯スイッチを押すんだとさ。
コレを3回、繰り返したんよ。
しかし!! 3回目の炊き上がりでも表面がまだ少しプルンプルン。
竹串チェックでは辛うじて生地はついてこない。
うーん、これはどうすればよいのか。
素人サンの私が出したアイデアは
フライパンでケーキのまわりをカリカリに焼いてみよう、でした。

なかなか良いアイデアだとほれぼれするのもつかの間、
炊飯器を逆さまにしてフライパンに移そうとした瞬間、

グシャ…

未完成のチーズケーキはフライパンにたどり着くまでもなく
炊飯器とフライパンの間で崩れ落ちてしまいました。

えっ? マヂで? どういうこと?

思った以上に生地が生焼けだったみたい。
レアチーズケーキよりゆるい。

想定外の展開になるとアドリブが苦手な私は
動きが完全に止まってしまう。

グシャグシャになったチーズケーキを涙目で30秒ほどながめていると
だんだんやけっぱちな気持ちになってきた。
以前の私なら「クソーッ」と言いながら投げ捨ててたんだろうけど、
少し年をとってケチになった私は
涙目のまま、崩れたチーズケーキを手づかみで
お口いっぱいにほうばってやりました。

ダイエットなんかくそ食らえ!!
全部食べてやれ!!

生地が柔らかすぎるだけて味は悪くない。
キッチンに立ったまま、興奮気味でモグモグ食べていると
なにやら背中に視線を感じる。
振り返るとチビがニヤニヤしながらこっちを見てる。
あぁ、恥ずかしい。
赤子とは言え、こんな姿はチビに見せちゃいかんね。

失敗は成功の素。
また次、チャレンジすれば良いことなのだ。
カリカリしたって仕方がない。
ちっちゃな事からですが
子供に教えられることはたくさんありそうです。

|

« 食べ過ぎました | トップページ | イチゴケーキとラガーマン »